【フォワ賞】ディープボンド海外初V Cデムーロ「逃げたのは私のプラン」

2021年09月14日(火) 20:04

フォワ賞を制したディープボンド

 「フォワ賞・仏G2」(12日、パリロンシャン)

 悲願の凱旋門賞制覇へ、大きく夢が広がる勝利を挙げた。日本から参戦したディープボンド(牡4歳、栗東・大久保)が逃げ切り勝ち。初コンビを組んだC・デムーロの鮮やかなエスコートで海外初戦を飾り、凱旋門賞(10月3日・パリロンシャン)へ最高の形で弾みをつけた。日本馬によるフォワ賞制覇は99年エルコンドルパサー、12、13年のオルフェーヴルに続き4度目の快挙となった。

 改めて本場で日本馬の実力を見せつけた。ディープボンドは好スタートを切ると、迷わず先頭に立ってレースの主導権を握った。前半をうまくスローの流れに落とし、後半は徐々にペースアップ。直線に入っても2番手で追いすがるブルームに馬体すら並ばせない。後続に1馬身半差をつけて堂々とトップでゴールを駆け抜けた。

 凱旋門賞と同じパリロンシャン芝2400メートルで見せた圧巻の逃走劇。会心の騎乗にC・デムーロもゴール直後に左手で力強くガッツポーズだ。「逃げたのは私のプランでした。ワンペースの馬なので、行く馬がいなかったらと思って乗りました。凱旋門賞に向けて素晴らしいチケットをもらいました」とコメント。昨年のソットサスに続く自身の連覇へ、確かな手応えをつかんだようだ。

 大久保師もしてやったりの表情だ。「4歳でどんどん成長していて、こちらの重い芝に適性があるとは思っていました。第100回の節目の凱旋門賞に自信を持って向かいたい」と力強く語った。フォワ賞を勝った日本馬は、全て同年の凱旋門賞で2着に好走している。クロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇)とともに挑む大一番。日本調教馬による初制覇へ大きく期待がふくらんだ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す