【凱旋門賞】クロノジェネシス 良化ムード 斉藤崇師「動きが素軽くなった」

2021年09月23日(木) 06:30

 良化気配をうかがわせたクロノジェネシス(手前)

 「凱旋門賞・仏G1」(10月3日、パリロンシャン)

 中秋の名月に照らされながら、パリロンシャンへの滑走路を駆け抜けた。クロノジェネシスは22日、岩田望(レースはマーフィー)を背に栗東CWで併せ馬を敢行。ステラリア(3歳3勝クラス)を大きく追い掛ける形から、直線は内へ。ラストは馬なりのまま僚馬と並んでフィニッシュした。

 6F83秒1-36秒3-11秒7に、見守った斉藤崇師は、「だいぶ動きが素軽くなった。先週より随分と馬の雰囲気が変わって、いい方に向いてくれましたね」と良化ムードを感じ取る。

 今後は24日に出国。現地到着後は新たにコンビを組むマーフィーを背に調教を予定。「あと1本、騎手を乗せてやってから、軽めに動かすだけ」と万全の状態を見据えた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す