【オールカマー予想】突出馬2頭の神戸新聞杯より狙うならこっち 天候・距離・展開をポイントに浮上する伏兵馬3頭/JRA重賞レース展望

2021年09月25日(土) 12:05

レイパパレはじめ先行脚質の近い馬が多い今回。先行勢を前に見ながら最後差す競馬もできるキングオブコージにチャンスあるか(撮影:下野雄規)

 過去10年で3連単10万円超の高配当は1度しかありませんが、4〜5番人気馬が3勝を挙げるなど配当妙味のあるレースになっています。また週末は涼しくなる予報が出ています。

 ここでは14年の新潟開催も含めた、過去10年の気候成績と重賞実績を中心に、激走注目馬を抽出していきます。

 過去10年の人気別成績としては、1番人気馬[3-2-1-4]で3勝を含む連対率50%。直近2年は連対を外している。激走馬は過去10年で8頭。その内4頭が6番人気から馬券になっている。

 今回も高配当を呼ぶ伏兵を見極めるための注目ポイントを3つに絞って紹介します。1点目は『激走馬8頭中4頭が涼〜暖で2勝以上』している点。19年に6人気3着のグレイルは2勝、14年に12人気から3着したクリールカイザーも2勝していました。

 次に『激走馬8頭中5頭が、重賞芝2200mで連対または激走歴あり』という点。こちらも19年のグレイルは18年のセントライト記念で6人気から3着の好走。14年のラキシスも13年のエリザベス女王杯で6人気2着していました。

 そして3点目は『激走馬8頭中4頭が4コーナーを3〜5番手から馬券圏内に入っている』点です。19年のグレイルはここでも、7-7-8-5と5番手から3着で該当しています。15年のミトラや14年のラキシス、12年のユニバーサルバンクも先行から好結果を出しました。

 以上3つのポイントを踏まえた激走注目馬として浮上する1頭が、ステイフーリッシュ。昨年同レースは5月の目黒記念からの臨戦で3着。涼〜暖の重賞芝2200mは[1-1-2-0]と優秀です。

 次にキングオブコージは暖で[2-0-1-3]の複勝率50%と良好です。同舞台の湾岸Sで4コーナー3番手から圧勝の実績もあります。

 最後にマウントゴールドJRAでの5勝中3勝が涼〜暖の気候で記録している勝利。JRAでの7連対すべて逃げまたは先行。
(文/三宅誠)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す