【凱旋門賞】愛国馬ラブ 20年回避でケチついた!?勝って輝き取り戻す

2021年10月02日(土) 07:00

 復権を果たしたいラブ(c)Scoopdyga

 「凱旋門賞・仏G1」(3日、パリロンシャン)

 ラブは20年秋の時点では、まさしく欧州競馬界の超新星と呼べる存在だった。英1000ギニー&英オークスを制して牝馬クラシック2冠を達成。その後、古馬相手のヨークシャーオークスも5馬身差で圧勝した。そして凱旋門賞。3勝目を狙うエネイブルを打ち負かすのはこの馬しかいない-。しかし、そんなファンの願いはむなしく、馬場の悪化を理由に直前で回避してしまう。

 20年シーズン最後を締めくくるとみられたブリーダーズCも見送られ、4歳を迎えた21年。プリンスオブウェールズSを勝ってG1・4連勝としたが、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSで3着に敗れると、続く英インターナショナルSも3着。G2のブランドフォードSも、酷量を背負ったとはいえ勝ち切れず2着に終わった。昨秋につけた“ケチ”がきっかけで競走成績を汚した、などと考えては意地悪かもしれないが、次々と現れるスターホースを前に、存在がかすんでしまった感は否めない。

 しかし、実績は間違いなくトップクラス。大手ブックメーカーは軒並み穴馬扱いだが、英オークスで9馬身差Vを果たし、エネイブルのレコードをあっさり更新したパフォーマンスを覚えているファンにとっては、いささか評価を下げ過ぎているように感じるだろう。名伯楽A・オブライエン師が送り出すガリレオ産駒。まだまだ見限るには早い。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す