【凱旋門賞】クロノジェネシス 斉藤崇師ホッ「枠入り最後の方になるのは良かった」

2021年10月02日(土) 07:57

 世界の頂点を狙うクロノジェネシス

 「凱旋門賞・仏G1」(3日、パリロンシャン)

 クロノジェネシスは1日、エーグル調教場のウッドチップコースをキャンターで流し、調整を進めた。

 斉藤崇師は「追い切り後も順調に来ていて、このまま無事にレースへ向かえればと思います。駐立があまり良くない馬なので、(14番ゲートで)枠入りが最後の方になるのは良かった。ゲートを出てからは、マーフィー騎手に任せようと思います」と新パートナーの手綱に期待を寄せた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す