【レディスプレリュード レース後コメント】レーヌブランシュ松山弘平騎手ら

ラジオNIKKEI

2021年10月07日(木) 21:33

2日連続重賞制覇となった松山弘平騎手(撮影:高橋正和、(c)netkeiba.com)

7日、大井競馬場(曇・良)で行われた第18回レディスプレリュード(JpnII・1800m)は、JRAの3番人気レーヌブランシュが2番手追走から直線堂々抜け出して完勝、昨年の関東オークス以来となる重賞2勝目を挙げた。勝ちタイムは1分52秒6、騎乗した松山弘平騎手は昨日の東京盃に続いて2日連続のダートグレード競走勝利となった。この勝利でレーヌブランシュは11月3日に金沢競馬場で行われるJBCレディスクラシックの優先出走権を獲得した。

1番人気テオレーマは中団から追い上げるも2着、3番手追走の2番人気ウェルドーンが3着に入り、4着ダイアナブライトまでJRA勢が占めた。地方勢はグランデストラーダ(大井)の5着が最高だった。

勝ったレーヌブランシュ父クロフネ母アンジュエ(母の父アグネスタキオン)という血統の4歳牝馬でJRA栗東・橋口慎介調教師の管理馬。通算成績は13戦4勝。昨年のこのレースでは4着だったが、今日はおよそ1年4か月ぶりの勝利を飾った。

<レース後の関係者のコメント>
1着 レーヌブランシュ(松山弘平騎手)
「枠が良かったですし、スタートもしっかり出て、リズム良くレースができました。脚は溜まっていましたし、長く良い脚を使える馬なので、早めに押し切る形を取りました。最後までよく伸びてくれました。

 そんなにすごく前が離しているとか、(ペースが)速いなという感覚はなかったです。直線に向いて手応えが良かったですし、追い出してすごい脚を使ってくれました。強い勝ち方だったと思います。まだゲートで少し難しさを出すところはありますが、スムーズな競馬ができれば強いなと思います。

 これからもしっかりと強いレースができるようにしっかりとやっていきたいです。今日もありがとうございました。次も良いレースができるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

1着 レーヌブランシュ(橋口慎介調教師)
「久々に勝利を挙げられましたし嬉しいです。スタートもうまく決まって良い位置につけられて、最後は突き放しましたから、本当に良い競馬をしてくれました。やはり地方の馬場が合いますし、前向きにJBCに行くことを考えたいと思います」

2着 テオレーマ(川田将雅騎手)
「前走が熱中症の影響で走れなかったのですが、今日は2着でしたがしっかり走れましたし、改めて前走の敗因が熱中症だったと確認できました。より良い状態で次を迎えられるように、改めて準備ですね」

3着 ウェルドーン(藤岡佑介騎手)
「砂を被らない位置で競馬が出来ましたが、3・4コーナーで内にモタれるような素振りを見せて、そこで勝ち馬との差が広がったのが響きました。そこは休み明けの分があったかも知れません。それでもしっかり走ってくれましたし、まだまだ良くなると思います」

5着 グランデストラーダ(本田正重騎手)
「距離が長かったようです。4コーナーの反応はすごく良かったのですが、ちょっと止まりました。やはりマイルまででしょうか」

(取材:大関隼)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す