【菊花賞】ステラヴェローチェ 反応抜群 吉田隼「問題ない」

2021年10月15日(金) 12:10

 栗東CWで負荷をかけられたステラヴェローチェ(撮影・石湯恒介)

 「菊花賞・G1」(24日、阪神)

 神戸新聞杯覇者ステラヴェローチェは14日、栗東CWでメガゴールド(3歳1勝クラス)を5馬身前に置く形でスタート。力みを全く感じさせず追走し、直線で外に持ち出すと一瞬でパートナーを抜き去った。

 最後は4馬身半差をつけ、6F82秒2-37秒2-11秒8を計時。その後は前を行く他厩舎の馬にも並び掛けそうな伸び脚だった。またがった吉田隼は「息遣いとかは悪くない。折り合いとか最後の反応も問題なかった」と満足そう。本番に向けて上昇カーブを描いている様子だった。

 須貝師も「これだけスッと動けるのは順調ということ。前走のプラス体重(18キロ増)も筋肉量が増えているという意味で心配はしていない」と納得の表情だ。ラスト1冠奪取へ、着々と態勢は整いつつある。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す