京都G1 2022年も阪神で開催 7月30日から8月7日は暑熱対策で2場開催

2021年10月19日(火) 12:13

 阪神競馬場

 JRAは18日、東京港区の同本部で関東定例記者会見を行い、2022年度の開催日割案を発表した。

 引き続き京都競馬場の改修工事が行われることから、21年と同様に開催は阪神と中京に振り替えられ、例年、京都で行われているG1は全て阪神で行われる。東京五輪開催のため21年は札幌から始まった北海道シリーズは、従来の函館→札幌の順に。7月30日から8月7日は、暑熱対策から札幌と新潟の2場開催となる。また、18年に重賞として新設された葵Sは、引き続きG3格付け申請を行う。

 新型コロナ感染防止の観点により現状、制限されている競馬場への入場人員緩和について、吉田常務理事は「政府の方針で今後、収容人員の50%になるのかなと思っております。そうなったとき、どのような対策を打つか」と話すにとどめた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す