【JRA】エリザベス女王杯の外国馬出走はなし

2021年10月20日(水) 17:02

ヴェルメイユ賞出走時のティオーナ(写真左、提供:Racingfotos Ltd)

 11月14日に阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)に予備登録があった以下の外国馬は、来日しないことがわかった。20日、JRAが発表した。

・サフロンビーチ(牝3、英・J.チャプルハイアム厩舎)
今年の英1000ギニー(G1)2着など通算7戦3勝。

・ティオーナ(牝3、英・R.ヴェリアン厩舎)
今年のヴェルメイユ賞(仏G1)覇者。通算成績は6戦3勝。

・サンダリングナイツ(牝4、愛・J.オブライエン厩舎)
今年のプリティポリーステークス(愛G1)1着など通算13戦4勝。

※戦績は予備登録馬発表時(9月30日)のもの。

(JRAのホームページより)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す