【天皇賞】グランアレグリア抜群 G1・6勝目へ ルメール「すごくいい」

2021年10月21日(木) 07:00

 調整は順調なグランアレグリア(右)

 「天皇賞(秋)・G1」(31日、東京)

 順調そのものだ。G1・6勝目を狙うグランアレグリアは20日、美浦Wでゼノヴァース(4歳3勝クラス)と併せ馬を行った。馬なりで2馬身半先着し、タイムは6F81秒7-38秒4-12秒3。またがったルメールは「すごくいいし、元気も良さそう。一番確認したのは息遣いだったけど、道中もうまく息が入ったので安心した」と笑顔。「フットワークが良く、手応えも良かった。直線では自分から動いて、パワフルストライドで伸びてくれた」と女王を絶賛していた。

 芝2000メートル戦は、大阪杯で4着に敗れて以来2度目。千二、千六、二千G1の“3階級制覇”に向け、主戦は「大阪杯は距離もあるけど、道悪で馬場が重たかった。東京の二千は大丈夫。5歳ですから春とはあまり変わらないけど、追い切りでは彼女のエンジン、エナジー、パワーを感じた」と意欲を見せた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す