【POG】リアド 伝説の新馬戦V 福永「伸びしろある馬」

2021年10月25日(月) 06:00

 阪神5R新馬戦、直線で鋭く抜け出したリアド=阪神競馬場(撮影・佐々木彰尚)

 「新馬戦」(24日、阪神)

 阪神5Rでは、菊花賞当日に数々のG1馬を輩出した伝説の新馬戦を制したのは、19年当歳セレクトセールで4億7000万円(税抜き)の高値をつけた1番人気のリアド(牡2歳、父ディープインパクト母タイタンクイーン、栗東・友道)。中団追走から、直線では最速タイの上がり3F33秒5の末脚で力強く伸び、後続に3馬身差をつける完勝劇だった。福永は「まだまだフォームも改善していくでしょうし、伸びしろのある馬です」と将来を嘱望。友道師は「優等生で、新馬戦としては百点。まだ緩さがあるし、今後は来年を見据えてやっていきたい」と話した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す