【天皇賞】グランアレグリア 心身ともに最高潮 藤沢和師&ルメール偉業達成へ鋭伸

2021年10月28日(木) 06:03

 ルメールを背に併せで追い切ったグランアレグリア(撮影・園田高夫)

 「天皇賞(秋)・G1」(31日、東京)

 “3階級制覇”への準備は整った。スプリントとマイルに続き、2000メートルでのG1奪取を狙うグランアレグリアが27日、美浦Wで完璧リハを披露した。

 先導役のコントラチェック(5歳オープン)を目標に、道中は鞍上のルメールとの呼吸を合わせ、徐々にスピードを上げていく。4コーナーで内から差を詰めると、馬なりながらもラストは鋭い伸び脚で1馬身先着。ハロー明けの真っさらな馬場とはいえ、軽々と6F80秒0-37秒3-11秒7の好時計。気持ちと動きがかみ合い、心身の充実ぶりが感じられる走りだった。

 見守った藤沢和師は「先週、今週とWで追い切って十二分な状態。体調は良さそうです」と仕上がりに満足げ。4着に終わった大阪杯以来2度目の2000メートル。「大阪杯は馬場が重く、道中はダービー馬(コントレイル)とずっと併せ馬の形。走り慣れた東京なんで期待しています」と巻き返しに自信ありげだ。

 秋盾は過去6勝。来年2月に定年を迎えるトレーナーにとって、尾形藤吉元調教師が持つ最多の7勝に並ぶ最後のチャンス。過去5頭(シンボリクリスエスが2勝)は距離に実績があったが、「今回は初めてマイルの強い馬を出走させるので楽しみ。スピードで2000メートルを走り切れるか見てみたい」と、異なるタイプでの挑戦に期待感を膨らませる。

 コンビを組むルメールも史上初の天皇賞・秋4連覇が懸かる。「馬は元気が良さそう。(中間手術した)喉も問題なく、ベストパフォーマンスができると思います。スーパースタートレーナーの藤沢先生に、もう一度天皇賞・秋をあげたい」と力強いコメント。自身は今秋G13戦全てで銀メダルとあって、「2着はもう嫌だ」と強く勝利を意識する。

 藤沢和師×ルメール-。幾度も大舞台で結果を残してきた名コンビが、新たな偉業を競馬史に刻み込む。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す