須貝師vsJRA裁判 馬房削減は「不相当で過酷な措置」 大津地裁で第1回口頭弁論

2021年10月29日(金) 07:00

 須貝尚介調教師

 2021年3月1日付で定期貸し付け馬房が2馬房削減されたのを不当として、須貝尚介調教師(55)=栗東=がJRAに約700万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、滋賀県の大津地裁で行われ、原告側は証拠15点を提出。JRA側は請求棄却を求めた。双方の代理人弁護士はコメントしなかった。

 同師は20年10月のサウジアラビアRCでステラヴェローチェが勝った際に騎手、馬主と並んで口取り撮影をした。当時、新型コロナウイルス対策として撮影は“G1競走のみ”とされており、「軽率であった」と反省しているが、これを理由とした馬房削減は「過去の削減事例に照らし、明らかに不相当で過酷な措置」と主張。

 撮影時にJRA職員らが引き留めるなどの注意喚起がなく、事後の弁明の機会がなかった手続き上の問題も指摘している。

 日本調教師会は9月5日付で東西調教師に「今回の唐突な措置はもはや制裁」などとした文書を配布。訴訟費用の一部を調教師会で負担するなど支援に回っている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す