【天皇賞・秋予想】三冠馬か、マイル女王か、3歳馬か!? 三強対決に割って入る伏兵馬は…/JRAレース展望

2021年10月30日(土) 19:30

2年半ぶりの勝利を目指すカレンブーケドール(撮影:下野雄規)

 昨年の三冠馬コントレイルにマイル女王のグランアレグリア、さらに今秋のトレンドである3歳馬のエフフォーリアによる三強対決の様相になっています。しかも3頭ともに、前走を1人気で敗退という共通点も。ちなみに前走1人気馬は過去10年で7勝を挙げており、巻き返しの可能性は高そうです。ただし、5人気以下の馬も毎年かならず1頭は馬券になっており、伏兵馬の台頭の余地が残されている点には注意すべきでしょう。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。

 過去10年のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 昨年の天皇賞・秋では、【残った馬】のアーモンドアイが1人気1着で、フィエールマンが5人気2着!
 また今年の春のGIでは、宝塚記念で【残った馬】のクロノジェネシスが1人気1着で、ユニコーンライオンが7人気2着!
 皐月賞でも、【残った馬】のエフフォーリアが2人気1着で、タイトルホルダーが8人気2着!
 GIにも強いケシウマの【残った馬】に、今週もご注目ください!

 ここでは、天皇賞・秋の消去条件のうち1つを無料公開します。

【条件】
※データは東京開催の過去10年間を対象
前走3人気以下かつ4着以下(ただし、4歳馬やノーザンファーム生産馬は除く)
[0-0-0-40]複勝率0%
該当馬:カデナモズベッロサンレイポケットカイザーミノルラストドラフトカレンブーケドールユーキャンスマイル

 前走好走馬がレースの主役だ。過去10年では、前走3着以内馬が8勝2着6回3着7回の成績を残している。そのため、4着以下の馬券圏外から巻き返すには、基本的に前走の内容が問われると考えたい。あとは、過去10年で複勝率31.1%と好走確率の高い4歳馬や、5勝2着6回3着5回と突出した成績のノーザンファーム生産馬にチャンスが残されている。

 上位人気が予想される(木曜想定4人気)カレンブーケドールが消去データに該当しました。前走の宝塚記念では3人気4着とぎりぎり条件をクリアすることができませんでした。過去10年で[2-1-2-18]と、ノーザンファームに次ぐ成績を収めている社台ファーム生産の5歳馬です。ただし、社台ファーム生産馬は15年以降の近6年では[0-0-0-7]。ここはデータに準じて見送ってみたいところです。

 さらに、残りの条件は『パーフェクト消去法』にて公開中です。はたして三強決着はあるのか!? ケシウマの予想バイブルを、ぜひお役立てください。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す