【POG】ダノンギャラクシー万全を期して来週デビューへ(美浦発)

2021年10月30日(土) 12:23

今後の成長が楽しみなスクルトゥーラ

 競馬新聞「馬サブロー」が誇るPOGマスター、木村拓人(美浦)と塩手智彦(栗東)がお送りするPOG情報。東西のトレセンでつかんだ情報をお伝えします。

 10月も終わりが近づいて、来週には11月がスタート。今年も残すところわずか2カ月となりました。昨年に続いて新型コロナに振り回された一年でしたが、どうですかね?出口は見えてきましたかね?元通りというのは難しいかもしれませんが、対策をしながらであれば規制は全て撤廃できるといいのですが。競馬場も今週から入場できる人数が増加。このまま進んでいければいいですね。

 先週、1勝クラスの東京芝1400mを勝ったキミワクイーン(牝、奥村武)。新潟2歳S組はその後活躍している馬が非常に多いですね。そこを勝ったセリフォス(牡、中内田)はどこまでの大物なのか楽しみ。キミワクイーン阪神JF(12月12日・阪神、芝1600m)に向かう予定。

 新馬では24日の東京芝1600mで勝ったプレサージュリフト(牝、岩戸)がなかなか派手なパフォーマンスでしたね。非常に強かったと思います。同厩舎のステルナティーア(牝)が阪神JFの予定ですし、果たしてどのようなローテを組んでくるか興味深いですね。23日の東京芝1400mを勝ったスクルトゥーラ(牝、鹿戸)も良血馬。こちらは体がまだきゃしゃな印象でしたが、直線の伸び脚は見事でしたね。もう少し体が成長してくれば楽しみな存在になりそう。

 今週のデビューを予定していたダノンギャラクシー(牡、国枝、父ディープインパクト母ベネンシアドール)は11月6日の東京芝2000mにルメールでスライドして出走することに。時計的には問題ないように感じましたが、まだ物足りないと予定を延ばして臨むデビュー戦。どんな走りをするか注目したいです。

 札幌2歳Sを勝ったジオグリフ(牡、岩戸)とサウジアラビアRCを勝ったコマンドライン(牡、国枝)は朝日杯FS(12月19日・阪神、芝1600m)かホープフルS(12月28日・中山、芝2000m)のどちらかに出走予定。同じ勝負服ですし、使い分けることになるのでしょうか。どちらが出走してきても人気を集めることになるでしょうし、正式な発表を待ちたいところです。(馬三郎美浦支局・木村)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す