【POG】動き良好ウィシンクアスク近日デビューへ(栗東発)

2021年10月30日(土) 11:48

ファンタジーSに参戦するナムラクレア

 競馬新聞「馬サブロー」が誇るPOGマスター、塩手智彦(栗東)と木村拓人(美浦)がお送りするPOG情報。東西のトレセンでつかんだ情報をお伝えします。

 次週はファンタジーS(11月6日・阪神、芝1400m)が行われる。2歳牝馬重賞が2週続くが、こちらも楽しみなメンバーがそろいそうだ。

 ここでは4頭の1週前の様子をお伝えしたい。

 まずは現2歳世代でドーブネ(牡)を含む3頭のオープン馬を出し、現在10勝を挙げている武幸厩舎。2頭出しを予定している。

 新馬-サフラン賞と無傷2連勝中のウォーターナビレラ(牝)は武豊Jで予定。1週前の様子について、師は「札幌千五、中山千六とトリッキーなコースできっちり結果を出してくれました。センスがいいですね。器用さがあるし、今回の舞台でもうまく対応してくれると思います」と3連勝での重賞初Vをイメージした。

 9月の中京新馬戦(芝1400m)を快勝したヴィルチュオーズ(牝)は松田Jで参戦予定。師は「初戦は(スタートを)ポンと出ていいところで我慢をして、しまいもしっかり伸びてくれました。センスがいいですね。軽い走りなので、できれば良馬場の方がいいですね。重賞でどこまでやれるか楽しみです」と期待を寄せた。

 小倉2歳S覇者のナムラクレア(牝、長谷川)は浜中Jで予定。師は「帰厩してすぐはまだ息遣いが荒かったですが、23日は素晴らしい動き、時計で、息の入りも良かったです。相手はさらに強くなりますが、折り合い面に不安はなく、千四でも流れを見ながらいいところで(脚を)ためて行ければ」と見通しを語った。

 同レース3着のアネゴハダ(牝、佐々木)は幸Jで予定。前走を振り返って、師は「芝の走りは良かった。ただ大外枠だったこともあり、スタート直後に(馬がいない方向の)外へ逃げてしまった。それを矯正しているうちに3角で置かれてしまった」と不完全燃焼を悔しがった。「それでもエンジンがかかってからはシュッと伸びてきたからね。千四に延びるのは歓迎だし、スムーズなら重賞でもチャンスはある」と意気込んだ。

 今週の注目新馬はジョーダンキングプリティーチャンスの妹ウィシンクアスク(牝、野中、父ルーラーシップ母フューチャサンデー)。28日にゲート試験を一発で合格した。師は「同時期の姉(プリティーチャンス)よりも(ケイコで)動けている。気性的に心配なところもなく、そう遠くないうちにデビューを迎えられそう」と見通しを語った。(馬三郎栗東支局・塩手)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す