初舞台にも堂々 誘導馬デビューを果たしたミツバ

2021年10月30日(土) 21:45

30日、阪神競馬場で誘導馬デビューしたミツバ(撮影・石湯恒介)

 競馬は秋のハイシーズン真っ盛り。10月30日の阪神競馬でも新馬戦が3鞍組まれるなど、新たなスター候補たちが続々とデビューの時を迎えている。

 ところでみなさま、「ミツバ」と言う名前を覚えているでしょうか。19年の交流G1・川崎記念を制したあの馬です。

 20年末に現役を引退し、その後は馬事公苑に移動。さらに今年の初め頃、阪神競馬場で誘導馬になることが決まっていました。

 そしてこの日、ついに誘導馬としてデビュー。先輩誘導馬と一緒に仕事をこなしています。初舞台なので、多少の緊張もあるのかなと思ったのですが、騎乗者によると「かなりリラックスしてますよ」とのこと。

 さすがに50戦を越えて息の長い活躍を見せたミツバ。初舞台にも堂々とした振る舞いです。これからも長く、競馬場で姿を見られるといいですね。

 ちなみにこの日の新馬戦、4Rではミツバも所属した加用厩舎からマルブツプライドが勝利。調教師からは「いい勝ちっぷり、成長が楽しみ」といった言葉が寄せられました。偉大な厩舎の先輩に続いて欲しいですね。

(写真と文 デイリースポーツ・石湯恒介)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す