【天皇賞】横山武史 史上初親子3代制覇&2週連続G1V 歓喜ガッツ「人生初」うれし涙

2021年11月01日(月) 12:10

 エフフォーリアで天皇賞・秋を制しガッツポーズをみせる横山武(撮影・三好信也)

 「天皇賞(秋)・G1」(31日、東京)

 新時代の到来だ。横山武史騎手(22)=美浦・鈴木伸=騎乗のエフフォーリアが、コントレイルグランアレグリアとの3強対決を見事に制した。鞍上は先週の菊花賞タイトルホルダー)に続く2週連続G1Vを挙げるとともに、史上初となる天皇賞・秋親子3代制覇を達成。令和の若き天才は、今後も日本競馬界をグイグイと引っ張っていくに違いない。

 メンバー唯一の3歳馬と22歳の天才騎手が、無敗3冠馬とG1・3階級制覇を目指す女王を撃破した。三つどもえの大一番を制したのは2021年の皐月賞エフフォーリア&横山武。「馬の力を信じて乗った」という若き主戦は右腕を高々と掲げて歓喜のガッツポーズ。ダービー鼻差2着の悔しさを胸に、人馬ともに最高の仕事を成し遂げた。

 レース運びは正攻法。持ち前の器用さでスタートを決め6番手につけた。「理想のポジションが取れた」。折り合いもピタリだ。道中もロスなく進み、前にグランアレグリア、後ろにコントレイルという形でさあ直線。坂下でゴーサインを送ると、先に抜け出したグランをかわして先頭へ。外から迫るコントレイルも寄せ付けず、古馬との初対戦を見事に完勝で飾った。

 殊勲のウイニングランで「よっしゃー」と雄たけびを上げた鞍上に、場内から温かい拍手が送られた。「人生で初めてうれし涙が出ました。ダービーが死ぬほど悔しかったので、その反動というか、自然と」。検量室では出迎えた鹿戸師に「やった、先生!」と喜びを報告した。

 まさに“武史時代”の到来だ。競馬学校在籍時から、父・典弘が「アイツはマジでヤバい。恐らく相当なもんになる」と称賛していた通りの出世ぶり。騎乗技術はもちろんのこと、持ち前のハートの強さも武器に目下、東のリーディングを快走中だ。

 先週の菊花賞タイトルホルダー)に続く2週連続G1Vを決め、祖父・富雄さん(1969年メジロタイヨウ)、父・典弘(2009年カンパニー)に続く、史上初の秋盾親子3代制覇も達成。騎手になった時、勝ちたいG1の一つだったというタイトルとあって喜びもひとしおだ。「なかなかできることではないですし、達成できて良かったです」と相好を崩した。

 エフフォーリアの注目の次戦は有馬記念(12月26日・中山)。「G1・2勝目ですが、まだまだ勝てる馬だと思うので頑張りたい」。乗りに乗る若武者が、暮れの大一番も大いに盛り上げてくれるはずだ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す