【天皇賞】グランアレグリアは3着 G1・3階級制覇、藤沢和師の秋盾7勝ならず

2021年11月01日(月) 12:08

 3着に終わったグランアレグリア(撮影・園田高夫)

 「天皇賞(秋)・G1」(31日、東京)

 注目の一戦を制したのは、3番人気のエフフォーリア。2着は1番人気のコントレイル、3着が2番人気グランアレグリアと“3強”が見応えのある走りで上位を独占した。

 2番人気に推されたグランアレグリアは、好スタートから道中2番手をスムーズに追走。しかし、早めに抜け出すも直線で思うように伸びず、牡馬2強の後じんを拝し3着に敗れた。良馬場発表ながら、昼過ぎからの降雨で重くなった芝がG15勝牝馬を苦しめた。ルメールは「スッといいスタートが切れました。前の方につけることができましたし、道中は息も入っていましたが…」と回顧。千二、千六、二千のG13階級制覇はつゆと消えた。

 自身最後の盾挑戦で、歴代最多タイとなる秋7勝を狙った藤沢和師だったが、残念ながら偉業達成ならず。「かなりスピードのある馬だから、大阪杯(4着)の時もそうだったが緩い馬場だと…。直線で余裕がなかったからね。距離はもう少し短い方が良さそう」と冷静に分析していた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す