【みやこS】メイショウムラクモ古馬斬りだ!柴田善と重賞連勝狙う「可能性がある馬」

2021年11月02日(火) 12:20

 勢いに乗って重賞連勝を狙うメイショウムラクモ

 「みやこS・G3」(7日、阪神)

 京都競馬場の改修工事により、21年も阪神で行われるG1前哨戦。3歳から8歳までバラエティーに富んだメンバーが集結したが、主役を担うのは前走レパードSを完勝した3歳馬メイショウムラクモ。ここで古馬撃破を果たし、さらなる高みを目指す。

 ダート界の新星メイショウムラクモが、重賞Vの勢いに乗って、古馬混合重賞にチャレンジする。

 芝のデビュー戦で大敗を喫すると、すぐさまダートへスイッチ。すると、そこから7戦して4勝、2着1回、3着1回の安定ぶり。2走前に古馬相手の2勝クラスで7馬身差の圧勝を決めると、前走レパードSでも3馬身差でライバルを寄せつけなかった。

 その勝利がJRA史上最年長(55歳0カ月10日)重賞Vとなった柴田善。「あまり最年長、最年長って書かれるのもどうなの?」と言いつつ、その表情は楽しそうだ。20年末からはケガに悩まされたが、「とにかく馬が好きだし、競馬に乗るのが好き。馬に乗っていると痛いのも忘れちゃう」と笑い飛ばした。

 中間は3週連続で併せ馬を消化、自身も4週続けて追い切りにまたがる熱心ぶりだ。「いいねえ。勢いがあった、春から夏にかけての感じになってきた。以前は浮いたような走りだったけど、体が沈むようになって、グングン行く感じ。パワーアップしてる」と確かな進化に目を細める。

 初の関西遠征などクリアすべき課題もあるが、懸念する様子はない。「いろいろな経験をさせたいし、ベストがどこなのか分からない。それだけ可能性がある馬。いいチャレンジ。ホント楽しみ」。大ベテランは子どものように無邪気に、レースの日を待ち焦がれている。

 1週前追い切りでは、柴田善を背に美浦Wで5F66秒7-12秒1(馬なり)。長めを織り交ぜながら入念な乗り込みを消化。引っ張ったままの手応えで豪快にはじけたように、仕上げに抜かりはない。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す