【エリザベス女王杯】レイパパレ不安なし 負けられない一戦へハード追い

2021年11月04日(木) 07:00

 調整は順調なレイパパレ(左)

 「エリザベス女王杯・G1」(14日、阪神)

 6戦無敗で大阪杯を勝ち、G1馬になったレイパパレだが、その後は宝塚記念3着、秋初戦のオールカマーも4着と連敗を喫した。信頼回復へ、今回が正念場。負けられない一戦に向け3日、栗東坂路でハードに追い切った。

 先行するタイキドミニオン(3歳2勝クラス)を鋭く伸びてとらえると半馬身先着でフィニッシュ。4F53秒0-38秒4-12秒5をマークした。高野師は「いい動きだったと思います。以前と比べて、乗りやすさに関して不安がなくなりましたね」と合格点を与えた。

 主戦の川田がアメリカ遠征後の隔離期間のため、今回はルメールが鞍上を務めるが不安はない。「(過去に)一度追い切りに騎乗していて、その時に好感触をつかんでくれていますから」とトレーナー。コンビを組む予定だった20年の秋華賞は抽選漏れしたが、調教には騎乗していた。

 1年前に果たせなかったタッグ実現が復活を後押しへ。自信と勢いを取り戻すため、調整に余念はない。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す