【アルゼンチン共和国杯】オーソリティ連覇への鉄板データ公開! さらに「距離ドンピシャ」「鞍上4走ぶりルメール」

東京スポーツ

2021年11月04日(木) 21:20

連覇を狙うオーソリティ(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規

 今週の日曜(7日)東京メインは、秋の東京の名物ハンデ重賞・GIIアルゼンチン共和国杯(東京芝2500メートル)。過去5年で3連単5万円超えは昨年のわずか1回のみと、ハンデ戦にしては比較的平穏な決着が多い一戦だ。そんな中、過去の勝ち馬の傾向にピタリと一致した鉄板軸馬がオーソリティ(牡4・木村)。今年はこの馬から買えば当たる!?

 近5年の勝ち馬の傾向は大きく2つ。まずは前走、GIに出走した馬であること。あるいは前走、東京の重賞で5着以内に好走した馬だ。

 その理由はアルゼンチン共和国杯の“格式”の高さにある。ハンデ戦ながら、過去10年の勝ち馬のうちゴールドアクター(15年)、シュヴァルグラン(16年)、スワーヴリチャード(17年)の3頭がその後、有馬記念やジャパンCといった大レースを制覇。いわゆる“出世レース”なのだ。

 もうひとつはコース適性。左回りで直線が長く、日本一広い東京競馬場。直近でその舞台の重賞を経験し、好走していることも大きなアドバンテージとなる。

 さて今年の出走予定馬を見渡すと、前走が東京の重賞だった馬はゼロ。そして前走がGIだった馬も1頭しかいない。それがオーソリティだ。

 前走のGI天皇賞・春は10着に敗れた同馬だが、その敗因はハッキリしている。今年の同レースは前半5ハロン59秒8と流れたうえ、上がりも残り6ハロンから12秒1が刻まれてペースアップした消耗戦。ラストは1ハロン13秒0も要した究極のスタミナ比べだった。2走前にスロー(前半5ハロン63秒8)で流れたGIIIダイヤモンドSこそ2着と好走したが、本質的なスタミナ勝負となると分が悪かったということだろう。

 その点、東京のクラシックディスタンスならばお手のものだ。昨年の本レースの勝ち馬であり、その前走は東京芝2400メートルのGII青葉賞も制している。まさに“ベスト”の条件だ。

 今回は約6か月ぶりの実戦となるが、仕上がり面の不安もない。太田助手は「同じく半年ぶりだった昨年と全く同じ調整過程で来ています。北海道と天栄でしっかり乗り込んでもらってからの入厩。折り合いや手前の替え方が改善されている分、昨年よりも今年のほうが調整もしやすいですね。すでに息はできているので、あとはレースまでにギアを上げていければ。カンのいい馬なので、そのあたりも問題ないでしょう」と確かな手応えを口にしている。

 鞍上には昨年と同じく名手ルメールを4走ぶりに指名。コース条件、コンディションなど様々な条件が揃ったオーソリティが連覇を果たす。

(特捜班)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す