【アルゼンチン共和国杯レース後コメント】オーソリティ C.ルメール騎手ら

ラジオNIKKEI

2021年11月07日(日) 20:21

1番人気オーソリティが快勝(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規

東京11Rの第59回アルゼンチン共和国杯(3歳以上GII・芝2500m)は1番人気オーソリティ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分32秒4(良)。2馬身半差の2着に4番人気マイネルウィルトス、さらに3/4馬身差の3着に3番人気フライライクバードが入った。

オーソリティは美浦・木村哲也厩舎の4歳牡馬で、父オルフェーヴル母ロザリンド(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は10戦5勝。

レース後のコメント
1着 オーソリティ(C.ルメール騎手)
「レース前にペースが遅くなることを心配していましたが、心身ともに充実していて、冷静に走っていました。向正面で良いポジションを取れましたし、自信を持って運びました。直線での反応も良く、良い脚で抜けてくれました。2連覇ができてとても嬉しいです」

3着 フライライクバード(岩田望来騎手)
「馬の雰囲気は良かったです。直線は(前の馬と)離されましたが、しっかりと食らいついていきました。昇級戦でしたが、このクラスでも十分にやっていけるところを見せてくれました」

4着 レクセランス(戸崎圭太騎手)
「出たなりで、最後伸ばす形をという指示でしたが、その競馬は出来ました。ペースが緩くて窮屈になりましたが、よく頑張ってくれました」

5着 ディアマンミノル(荻野極騎手)
「この馬のリズムを守ってレースが出来ました。流れが遅くなってしまいましたが、ラストはしっかりと脚を使ってくれました」

6着 アイアンバローズ(石橋脩騎手)
「今日はうまく流れに乗って、気分を損なわないようにレースをしました。直線も頑張って走ってくれましたが、もう少しスタミナの活きる形になると面白かったです」

10着 アイスバブル(三浦皇成騎手)
「もう少しペースが流れて欲しかったです。そんなに瞬発力のある馬ではないので、タフなレースになればもっと良いレースが出来たと思います」

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す