【武蔵野S見どころ】GI前哨戦にバラエティ豊かなメンバーが集結

2021年11月08日(月) 10:00

得意コースで巻き返しを期待したいエアスピネル(撮影:下野雄規)

 実績馬、勢いのある馬、初ダートの馬などが集まっており難解な一戦になりそう。制してチャンピオンズCへの切符を手にするのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/13(土) 武蔵野S(3歳上・GIII・東京ダ1600m)

 エアスピネル(牡8、栗東・笹田和秀厩舎)は今年のフェブラリーS2着などダート転向後も実績を積んできた。秋初戦のマイルCS南部杯で6着となった後はJBCスプリントに選定されていたが、回避してこちらへ。東京ダートマイルはフェブラリーSに加えて、昨年の当レース3着もある得意コースであり巻き返しが期待される。鞍上は初コンビの田辺裕信騎手

 タガノビューティー(牡4、栗東・西園正都厩舎)は2歳時から頭角を現していた素質馬。昨年秋まで勝ち切れない時期がしばらく続いていたが、今春オアシスSと欅Sでオープン連勝を飾って勢いを取り戻した。約半年ぶりの休み明け、久々の重賞でも勝ち負けを期待したい。鞍上は石橋脩騎手

 その他、昨年の2着馬ソリストサンダー(牡6、栗東・高柳大輔厩舎)、今年のユニコーンS勝ち馬スマッシャー(牡3、栗東・吉岡辰弥厩舎)、今年のフェブラリーS3着馬ワンダーリーデル(牡8、栗東・安田翔伍厩舎)、エルムSで2着のオメガレインボー(牡5、栗東・安田翔伍厩舎)、初ダートとなる東京巧者ダイワキャグニー(セ7、美浦・菊沢隆徳厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時30分。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す