【次走】ラヴズオンリーユー、順調なら米国から香港カップへ直行 日本馬初のブリーダーズC覇者

2021年11月07日(日) 20:24

日本調教馬初、ブリーダーズカップ制覇の栄誉を飾ったラヴズオンリーユー

 現地時間6日にアメリカのブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1)を制したラヴズオンリーユー(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)は、しばらく同地に滞在。このままアクシデントがなければ、12月12日に香港のシャティン競馬場で行われる香港カップ(G1)に直行することがわかった。すでに招待され、これを受諾している。

 ラヴズオンリーユー父ディープインパクト母ラヴズオンリーミー、母の父Storm Cat。全兄はドバイターフ覇者リアルスティール、3代母はBCマイルを連覇したMiesqueという血統。通算成績は15戦7勝。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す