【BC諸競走】ラヴズオンリーユー、マルシュロレーヌW制覇!矢作師快挙だ日本調教馬BC初勝利

2021年11月08日(月) 11:41

歴史的な勝利を挙げたマルシュロレーヌ

 「ブリーダーズカップ諸競走・米G1」(6日、デルマー

 世界のYAHAGIだ!競馬の祭典ブリーダーズカップ諸競走が行われ、BCフィリー&メアターフをラヴズオンリーユー(牝5歳)、BCディスタフをマルシュロレーヌ(牝5歳)が制し、2頭を管理する矢作芳人調教師(60)=栗東=は、海外でG1をダブル制覇する快挙を達成した。米国でのG1勝ちは05年のシーザリオ(アメリカンオークス)以来、ブリーダーズカップでの日本調教馬による勝利は初めて。また、調教師の同日海外G1・2勝は16年の香港ヴァーズサトノクラウン)、香港Cモーリス)を制した堀師以来となる。

 まさに矢作劇場だ。勇躍、米国に乗り込んだ矢作厩舎の2頭が躍動した。最初に栄冠を手にしたのは7R・フィリー&メアターフのラヴズオンリーユー。道中は好スタートを決めて好位を確保。そこから楽な手応えでレースを進めたものの、4角手前で後続馬が動きだし、直線を向いた時は馬群に包まれて動けない状況に。それでも最後は狭い隙間を縫って、一瞬にして差し切った。

 矢作師は「道中は厳しい位置取りになってしまいましたし、レース展開も決していいものではありませんでした。それだけに馬の強さが際立っていたと思います」とレースを振り返る。19年オークス、21年香港クイーンエリザベス2世Cに続くG13勝目。しかも、日本調教馬で初となるブリーダーズカップ制覇を達成した。「アメリカ最大の競馬の祭典で、日本の競馬の力を見せることができて良かったです」と胸を張った。

 ドラマはさらに続く。その後に行われた10R・BCディスタフでは、マルシュロレーヌが9番人気の低評価を覆してV。半マイル通過が44秒97の超ハイペースを後方から追走し、3角から一気に追い上げる。4角では早くも先頭を奪い、そのまま押し切って鼻差の接戦を制した。これが同馬にとってG1初勝利となったが、日本馬がアメリカのダートG1を勝ったのも初めて。値千金の勝ち星を挙げて見せた。

 トレーナーは「ペースが速くなり前が崩れてくれる展開を想定していて、その通りになってくれました。3コーナーで手綱を持ったままだったので、“もしかしたら”と思いました。勝てて良かったです」と管理馬の連勝に相好を崩した。これまではね返されてきた米国競馬の重い扉をラヴズオンリーユーがこじ開け、マルシュロレーヌが続いた。この日、“YOSHITO・YAHAGI”の名前が、世界の競馬史に刻まれた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す