【エリザベス女王杯】レイパパレ 女王奪取だ 状態良好!ルメールと新コンビで逆襲へ

2021年11月09日(火) 06:00

 2つ目のG1タイトルを狙うレイパパレ

 「エリザベス女王杯・G1」(14日、阪神)

 今週から秋のG1ロードが再開。2021年も阪神の内回りを舞台に行われる牝馬の頂上決戦に、楽しみなメンバーがそろった。中でも注目はレイパパレだ。秋初戦のオールカマーは4着に敗れたものの、まだキャリアは8戦と伸びしろは十分にある。充実の4歳秋を迎えて、2つ目のG1タイトル奪取へ態勢は万全だ。

 もう一度、輝きを取り戻す。今春の大阪杯で強豪を撃破し、デビュー6連勝の離れ業でG1初制覇を飾ったレイパパレ。近2走は宝塚記念3着、オールカマー4着と満足のいく結果を得られず、やや勢いは減速してしまったものの、牝馬同士のG1ならコントレイルグランアレグリアを完封した実績は断然だ。

 宝塚記念で初黒星を喫し、秋初戦のオールカマーでは初めての馬券圏外へ。ただ、いつものように先行したが厳しいマークにあい、先着を許したウインマリリンウインキートスより1キロ重い斤量だったことを考慮すれば酌量の余地はある。高野師も「若干行きたがっていたが、最後まで頑張ってくれた」と決して悲観はしていない。

 レース後はノーザンファームしがらきへ約3週間の放牧へ。帰厩してからは栗東坂路で順調に調整が進んでいる。3日の1週前追い切りは、栗東坂路で4F53秒0-12秒5(一杯)。タイキドミニオン(3歳2勝クラス)との追い比べを制して半馬身先着。短期放牧から戻って、精力的に乗り込んでいる。動きは力強く、ひと叩きされた効果が十分に感じられる。指揮官は「いい動きでしたね。乗りやすさに関しても、不安がなくなってきました」と納得の表情だ。

 ここまで8戦で全て手綱を取った川田が海外遠征後の自主隔離のため、ルメールとの新コンビを結成する。抽選除外となった20年の秋華賞の前に調教で騎乗しており、乗り代わりは全く問題ないだろう。「誰が乗っても乗りやすい状態に仕上げています」とトレーナーもきっぱり。今度こそ正攻法で押し切ってみせる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す