【福島記念「見逃せない調教師」ベスト3】世界の○○○は福島でも強かった!?

2021年11月10日(水) 06:34

福島芝2000mという舞台設定は悪くないはず (撮影:橋本健)

 福島記念に管理馬を登録している19人の調教師のうち、2016年以降の福島芝2000mにおける3着内数、複勝率、複勝回収率(最少レース機会数10)をもとに抽出。福島記念で、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は矢作芳人調教師。ブリーダーズカップ2勝の金字塔を打ち立てた「時の人」だが、福島芝2000mの成績も優秀。集計期間内に、出走調教師中で2番目となる4勝を挙げている。28回出走しているが、3番人気以内に支持されていたのは4頭だけ。人気にならない戦績の馬を連れてきて、しっかり成果を出しているのは、まさに矢作調教師の手腕だろう。
 
 今回はステイフーリッシュパンサラッサの2頭出して挑む。前者は19年の福島記念で2着した実績があり、それ以来のローカル重賞参戦となる。後者もラジオNIKKEI賞2着と福島コースの適性は十分だ。

 2位は手塚貴久調教師。集計期間内に福島芝2000mで3勝を挙げている。複勝回収率101%は出走調教師でトップ。集計期間内に複勝回収率が100%を超えているのは手塚調教師だけだ。今年の夏の福島ではハムレボが未勝利戦で12番人気3着と波乱を演出している。
 
 今年はココロノトウダイマイネルファンロンが出走予定。特にココロノトウダイは福島芝コースで[3-1-0-0]という名うての福島巧者。前走のオクトーバーSではパンサラッサに完敗しているが、勝負付けが済んだとみるのは早計だ。

 第1位に輝いたのは国枝栄調教師だ。集計期間内に福島芝2000mで5勝し、3着内数10回。これはともに出走調教師でトップとなる。ただし2020年以降は14戦して未勝利と苦戦中。そろそろ揺り戻しがあってもいい頃合いとみるが、果たして。
 
 今年はサトノエルドールが出走予定。近況をみる限り、上がり勝負では少々分が悪そうだが、上がりを要せば確実に伸びてくる馬。福島芝2000mという舞台設定は悪くないはずだ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す