【川崎・ローレル賞結果】道営所属スティールルージュが暮れの大一番の前哨戦を制す

2021年11月09日(火) 20:34

ローレル賞を制したスティールルージュ(撮影:高橋正和)

 9日、川崎競馬場で行われた第21回ローレル賞(2歳・牝・重賞・ダ1600m・1着賞金1200万円)は、2番手でレースを進めた桑村真明騎手騎乗の4番人気スティールルージュ(牝2、北海道・角川秀樹厩舎)が、直線半ばで先頭に立ち、ゴール前で急追した3番人気プラチナプライド(牝2、船橋・佐藤裕太厩舎)をハナ差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分44秒5(不良)。

 さらに4馬身差の3着に2番人気ジョーストーリー(牝2、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、1番人気レディオガガ(牝2、川崎・高月賢一厩舎)は6着に終わった。

 勝ったスティールルージュは、父マジェスティックウォリアー、母ディアユリアザミその父ボストンハーバーという血統。8月のフルールC以来となる2度目の重賞制覇を果たした。

 3着以内に入ったスティールルージュプラチナプライドジョーストーリーは、12月31日に大井競馬場で行われる東京2歳優駿牝馬への優先出走権を獲得した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す