【マイルCS】ロータスランド 現役最多タイ3勝 仁川のマイルマイスター 一発期待

2021年11月19日(金) 06:01

 本番で真価を発揮したいロータスランド(撮影・佐々木彰尚)

 「マイルCS・G1」(21日、阪神)

 自分の庭だと言わんばかりに、仁川の芝千六で現役最多タイの3勝をマークしているロータスランド。サマーマイル覇者は結果を残していない一戦ではあるが、ここに向けて陣営の思惑通りに状態を上げてきた。荒れてきた馬場も大歓迎。一発なるか注目だ。

 ジンクスを打破できる状態にはある。大一番に向け、牙を研ぐのが夏のマイル女王ロータスランドだ。休み明けでプラス10キロだった富士Sこそ10着に終わったものの、力を出せる態勢を整えてきた。「先週、栗東CWで併せたことで、動きそのものが良くなりましたね。今週の坂路の追い切りではトップスピードに乗った時に突っ込まず、ためをつくって走ることができていました」と辻野師は思惑通りの変化にうなずく。

 仕上がりの良さはもちろんだが、注目すべきはこのステージでの成績の良さだ。全5勝のうち4勝は阪神で挙げたもので、阪神外回りの芝千六に限れば現役最多タイの3勝をマーク。“仁川マイルマイスター”と言っていいだろう。「もともと(最後の直線を)左手前で走る方が好きな馬で、阪神のマイルも得意にしていますからね。前走はずっと先頭を走る形で気持ちが続かず。今度はメリハリを利かせた競馬をしたい」と指揮官は腕をぶす。

 マイルCSに、夏のマイル王は過去4頭参戦するも結果は散々。最高着順は17年グランシルクの9着だ。しかし、阪神が舞台なら別の結果に期待できるかもしれない。開催が続いて荒れた馬場も追い風になるだろう。「これで雨があればさらにいい条件に。集中力を持続して走ってくれれば」。重馬場の米子Sを快勝したパワーを生かし、大穴配給といく。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す