【ジャパンC】仏のグランドグローリーが来日「ゆっくりレースに向けて準備を」

2021年11月19日(金) 19:16

 JRAは、28日に東京競馬場で行われるジャパンカップ(3歳上・GI・芝2400m)に出走予定のグランドグローリー(Grand Glory、牝5、仏・G.ビエトリーニ厩舎)が、19日に輸入検疫のため、成田空港経由で競馬学校国際厩舎(千葉県白井市)に到着したことを発表した。

成田着 19日 8時58分
→競馬学校着 同日11時00分
自国厩舎から28時間程度の輸送。

【アナイス・デュモン(Anais Dumont)調教助手のコメント】
「輸送で少し疲れていましたが、馬房に入るとすぐにリラックスしていました。調教師からは、馬の様子を見ながらゆっくりレースに向けて準備をしていこうと言われています。今後は、ダグ、キャンターを中心に調教をしていく(強めの調教は行わない)予定です」

(JRAのホームページより)

 グランドグローリーは父Olympic Glory母Madonna Lily、母の父Daylamiという血統。今年のジャンロマネ賞(仏G1)覇者で、通算成績は17戦6勝(うち重賞3勝)。ジャパンCではC.デムーロ騎手が騎乗予定。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す