【東スポ杯2歳S】イクイノックス無傷重賞初V!キタサンブラック産駒待望の初タイトル

2021年11月21日(日) 09:00

 豪脚を発揮したイクイノックス(中央)=撮影・三好信也

 「東スポ杯2歳S・G2」(20日、東京) 

 偉大な父に初めてのプレゼントだ。イクイノックスが無傷2連勝で制して1番人気に応え、キタサンブラック産駒の記念すべき重賞初勝利を飾った。

 直線入り口で後方馬群の中にいても、ルメールには“差せる”という確信があった。馬場の外めへ進路を誘導すると、断トツの上がり3F32秒9の末脚で一気に伸びて、最後は後続に2馬身半差をつける圧勝劇だった。

 JRA通算1499勝目となった鞍上は「楽勝でしたね」とクールに振り返り、「位置取りは後ろになったけど、最後はいい脚を使えると思っていたので全然心配していなかった」と相棒に全幅の信頼を置いていた。

 無敗の3冠馬に輝いた19年コントレイルをはじめ、過去の優勝馬25頭のうち、のちに13頭がG1を制している出世レース。木村師は「歴史を汚さないようにしないと」と今後の活躍を誓う。シルクレーシングの米本昌史代表も「期待以上の走り。キタサンブラックの価値を高めてくれてうれしい。賞金を加算できたし、G1でも楽しみになりました」と大舞台を見据えた。

 次走は未定だが、一気にクラシックの主役候補に躍り出た。22年は父のように、ターフで“まつり”を起こす。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す