【次走】キセキは有馬記念でラストラン 引退後はブリーダーズSSで種牡馬入りへ

2021年11月30日(火) 21:49

キセキは有馬記念でラストラン(ユーザー提供:もじゃおぅさん)

 2017年の菊花賞(GI)を制したキセキ(牡7、栗東・辻野泰之厩舎)が、12月26日に中山競馬場で行われる有馬記念(3歳上・GI・芝2500m)を最後に現役を引退。

 北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションにて種牡馬入りを予定していることがわかった。生産牧場である下河辺牧場のSNSで発表された。

 キセキは、父ルーラーシップ母ブリッツフィナーレその父ディープインパクトという血統。通算成績は32戦4勝。

 前走のジャパンカップでは10着。ラストランを迎える有馬記念では、2017年菊花賞以来の勝利を飾れるか。また種牡馬入り後は、父ルーラーシップの後継としても注目が集まる。

(下河辺牧場のTwitterより)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す