キセキ 有馬記念で引退、種牡馬へ 辻野師「有馬記念へ向けて全力を注ぎたい」

2021年12月01日(水) 19:35

キセキは有馬記念でラストラン、種牡馬へ(ユーザー提供:ぼろんちょ侍さん)

 17年菊花賞キセキ(牡7歳、栗東・辻野)が、有馬記念(26日・中山)を最後に現役を引退し、北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬入りすることが30日までに決まった。

 辻野師は「まずは有馬記念へ向けて全力を注ぎたい。そして無事にラストランを終えられればと思っています。私自身、キセキほどルーラーシップに似ている馬は見たことがありませんし、父のいいところをよく継いでくれた馬だと思っています。産駒にもそういういい部分が伝われば、大舞台で活躍する子が出てくると思います」とコメント。ラストランで、菊花賞以来となる約4年ぶりの白星を目指す。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す