元祖二刀流 アグネスデジタル死す 芝&ダートでG1制覇

2021年12月08日(水) 21:16

 マイルCSを制したアグネスデジタル=2000年11月

 アグネスデジタルが死んだことが分かった。8日、ジャパン・スタッドブック・インターナショナルが発表した。24歳だった。

 同馬は99年9月12日阪神でデビュー。芝&ダートの元祖二刀流として活躍し、00年マイルCSでG1初制覇。01年には交流G1・南部杯を制すると、続く天皇賞・秋ではテイエムオペラオーを撃破した。同年香港Cで海外G1初制覇を飾り、02年にはフェブラリーSを制覇した。

 03年安田記念でG1・6勝目を挙げた後は勝ち星に恵まれず、同年有馬記念9着を最後に引退した。

 管理した白井寿昭元調教師は「ビックリしました。アメリカで当歳の時に自分で見つけてきた馬。芝とダートのG1を勝ってくれて、いろんな思い出をつくってくれました。おとなしい馬で、海外とかでも動じることはありませんでしたね。残念です」としみじみと語った。

 主戦騎手だった四位洋文調教師は「残念ですね。アグネスデジタルには、いろんな景色を見せてもらいました。ドバイにも行かせてもらったし、香港では勝たせてもらったし。芝もダートも走った素晴らしい馬でした。本当に感謝ですね。僕も調教師として、デジタルのようなオールラウンダーな馬を育てたいなと思います」とコメントした。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す