もがき苦しんだルーキー西谷凜 “ある先輩騎手”との出会いで立ち直った

デイリースポーツ

2021年12月29日(水) 16:00

試練を乗り越えて飛躍を誓う西谷凜(撮影・石湯恒介)

 28日に中山で終了した「2021ヤングジョッキーズシリーズ」では5位に終わったが、十分に存在感を発揮した西谷凜騎手(19)=栗東・谷。トライアルラウンドは最も少ない4鞍のみの騎乗だったものの、2、1、2、2着で全騎手中最多となる90ポイントを獲得。今年3月にデビューしたばかりのルーキーながらも先輩騎手を抑え、JRA西日本代表(1位)でファイナルラウンドに進出した。JRAではまだ通算4勝の騎手がなぜ、ここにきて開花の兆しを見せているのか。そこにはデビュー後すぐに経験した苦労と恩人との出会いがあった。

 「騎手・西谷凜」を語る上で避けて通れないのが、体重調整失敗での騎乗停止処分だ。デビュー初勝利の翌週、5月1日の新潟1R。騎乗予定だった51キロの斤量への減量中に脱水症を発症。土日ともに乗り代わりになり、開催日2日間の騎乗停止処分を受けた。師匠の谷潔(たに・きよし)調教師と話し合い、5月末までの自主的な騎乗自粛を決めた。

 身長166・5センチは騎手の中では高い方。そのため、体重管理という壁はデビュー前から立ちはだかっていた。「乗馬苑のジュニアチームの頃から、ずっとしんどかったんです。でも、誰にもそれを言いたくなかった。デビューしてからも体重のことばかり考えてしまって…」。誰にも言えない性分。一人で抱え込んだ結果、体重調整に失敗する悪循環に陥ってしまった。

 小沢大仁騎手をはじめ、同期が次々と白星を重ねる中、誰にも悩みを打ち明けられなかった。「もういいかな」と、半ば諦めかけていた6月。騎乗自粛からの復帰初週だったが、まだ51キロで乗れる状態ではなかった。デビュー数カ月で、早くも騎手人生のどん底と言ってもいい状況。そんな若武者に、手をさしのべた一人の先輩ジョッキーがいた。

 松田大作騎手(43)=栗東・フリー=だ。身長は168・0センチで西谷凜同様、減量は簡単ではなく、同じ思いをしてきた。「デビュー前、大作さんに“つらかったら相談してきて”と言われたのを思い出して、ここまで落ちてしまったのならダメ元でもと思って。そしたら“来るのを待っていた”と。いろいろ教えてくださったり、親身になって話を聞いてくださったりしました」。勇気の一歩を踏み出し、胸のつかえが下りた。

 翌週から一緒に減量を開始。当時は北海道滞在中のため、競馬場の調整ルームでランニングやサウナで汗を流した。トレーニングはもちろんのことだが、「気持ち的なところが一番大きかった」と、松田が精神的支柱となったことで効果は増大。少しずつ、形としてそれが表れた。

 象徴的だったのは7月11日の函館2R。これまで乗れなかった51キロでジュノエスクに騎乗し、10番人気ながら勝利に導いた。「うれしかったですね。大作さんがいなければ、立ち直った僕もいませんから。人生を変えてくれた恩人です。本当に感謝しています」。1着という結果以上に、大きな収穫があったデビュー2勝目だった。

 以降は冒頭に記したヤングジョッキーシリーズトライアルを皮切りに、成績は右肩上がり。12月11、12日には中京で7番人気2着(デルマシルフ)、14番人気2着(バーニングソウル)、12番人気1着(アルムマッツ)と騎乗機会3連続で人気薄を激走させるなど、穴党には目が離せない存在となりつつある。「自分の感性でレースを分析してきたのが徐々につかめてきたというのはありますが、(減量の)不安がなくなったというのが大きいですね。あの時を思い出すと、この先どんなにつらいことがあっても大丈夫です」。将来を見据えるそのまなざしには、力強さが宿っている。

 今年は“出遅れ”もあって同期デビュー組の8人では最少の4勝に終わってしまったが、もう気持ちでは負けていない。人間は苦難を乗り越えてこそ強くなる。2022年は西谷凜が、それを体現してくれるはずだ。(デイリースポーツ・山本裕貴)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す