【勝負の分かれ目 シンザン記念】馬本位の先行策で、横山典弘騎手のマテンロウオリオンが重賞初制覇

2022年01月09日(日) 18:20

横山典弘騎手の好騎乗でマテンロウオリオンが優勝(c)netkeiba.com

 シーズザデイがハナを切り、ジャスティンヴェルモズゴールドバレルがつづく。

 横山典弘が騎乗する10番のマテンロウオリオンは、スムーズにインに切れ込みながら、シーズザデイから2、3馬身後ろの先行馬群の内つけた。横山は少しだけ重心を後ろにかけ、ガチッと手綱を抑えている。

「前走(万両賞1着)は後ろで上手く折り合っていたんですけど、3戦目の今日は馬がやる気満々だったので、返し馬のときから抑えるのは難しいと思っていました。スタートもよかったので、ギリギリ引っ張り殺さないような、一番いい位置で折り合ってよかったです」と横山。

 その後ろにビーアストニッシド、差なくソリタリオがいて、1番人気に支持されたクリストフ・ルメールラスールはそれらの後ろにつけた。ビーアストニッシドラスールは、前に行きたがって折り合いを欠いている。

 マテンロウオリオンは、引っ張り切りの手応えのまま3、4コーナーの内を回り、前を2馬身ほどの射程にとらえたまま直線へ。横山は、先頭を行くシーズザデイの内にマテンロウオリオンを誘導し、手の動きを速めた。そのゴーサインに応えたマテンロウオリオンは、ラスト300m付近で一気に先頭に躍り出た。

 外からモズゴールドバレルソリタリオらが迫ってくる。伸びのいいソリタリオが並びかけようとしてきたラスト200m地点を過ぎてから、横山は初めて右ステッキを入れた。

 ソリタリオが差を詰めようと接近すればするほど、マテンロウオリオンは抜かせまいと脚を伸ばす。並ばれてからの強さ、いや、その前に簡単には並ばせない強さは、父ダイワメジャー譲りのものか。

 マテンロウオリオンが、ソリタリオの猛追を首差で退け、先頭でゴールを駆け抜けた。

 今日の中京の芝は前がなかなか止まらず、外差しの利きづらいレースがつづいていただけに、それを意識した部分もあっての先行策だったのかと思いきや、横山は「馬本位です」と言い切った。

 一方、単勝1.8倍という圧倒的支持を得ていたラスールは、コンマ6秒差の7着に終わった。直線入口で前が壁になっており、スムーズに進路を確保できなかったこと以上に、道中折り合いを欠いたことが響いたように見受けられた。

 マテンロウオリオンは、2着となった新馬戦から中1週で万両賞、さらに中1週でここという厳しいローテーションで結果を出した。2代母がオークスレディパステルという奥行きのある血統だけに、今後もスケールの大きな走りを見せてくれそうだ。

(文:島田明宏)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す