【次走】ダンシングプリンスはサウジのリヤドダートスプリントを視野に

2022年01月20日(木) 15:41

前走のカペラSで重賞初制覇を果たしたダンシングプリンス(撮影:下野雄規)

 昨年12月12日のカペラS(GIII)を制したダンシングプリンス(牡6、美浦・宮田敬介厩舎)は、2月26日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われるリヤドダートスプリント(G3・ダ1200m)参戦を視野に入れる。

 宮田師は「招待状は来ています。これからコロナ禍でのスタッフの渡航条件や、航空便などの問題をクリアにした上で判断したい」と語った。

 ダンシングプリンスは父パドトロワ母リトルブレッシング、母の父バブルガムフェローという血統。通算成績は12戦8勝(うち地方3戦3勝)。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す