【葵S展望】3歳スプリント重賞、好走傾向に合うあの馬に期待したい

2022年05月24日(火) 06:00

葵Sへ出走予定のブレスレスリー(c)netkeiba.com

 短距離路線の番組を充実させるために18年に新設された重賞で、今年からGIIIに格付けされた。以前も芝1200mの3歳オープン特別として同じ名前で行われており、11年にはロードカナロアが制した歴史がある。オープン時代も含めた成績も踏まえながら傾向を探っていきたい。

1.牝馬が強い

 オープン時代も含めた過去10回で、牝馬の成績は[7-7-3-51]で連対率20.6%、複勝率25.0%。回収率は単複共に100%を超えている。重賞昇格後も4回中3回で牝馬が勝利し、昨年に関していえば牝馬の上位独占だった。

2.前走重賞組は過信禁物

 重賞昇格後の4回で、前走オープン・リステッド組は[2-2-1-20]で複勝率20.0%、前走1勝クラス組は[1-1-1-13]で複勝率18.8%なのに対し、前走重賞組は[1-2-1-19]で複勝率17.4%とあまり目立たない。前走重賞組は人気するケースも多いため、期待値としては低くなる。

3.逃げ・先行馬に注目

 コース改修以降に行われた中京芝1200mの3歳限定戦(新馬除く)の成績を4角位置取り別で見てみると、4角2番手以内の馬は連対率31.2%なのに対し、4角5番手以下の馬は連対率7.3%しかない。昨年のこのレースも、13番人気だったレイハリアが4角2番手から押し切って波乱を演出した。

 ブレスレスリーは二の脚が速く、スッと好位に付けられる強みがある。前走の1勝クラスではハイペースの展開を3番手追走から押し切ったように着実に力を付けてきており、重賞に入っても差はないだろう。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す