【日本ダービー】ジオグリフ 2冠制覇へ万全 皐月賞から超回復 木村師「馬のすごさを実感」

2022年05月24日(火) 20:45

 2冠達成に挑むジオグリフ

 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 放牧を挟んで11日に美浦トレセンへ帰厩した皐月賞ジオグリフ。その姿を見た木村師は、改めてこの馬のすごさを実感したという。「抽象的な表現になりますが、帰ってきたジオグリフを見て感動しました」。

 クラシック第1弾はまさしく激闘だった。「ハードワークで皐月賞に臨み、レースが終わった週明けに馬服を脱がした時は、走ってきたなという体つきをしていて、G1を勝つのは大変なんだなという状態でした」。しかし、しばしの休息を経て陣営が想像した以上の超回復に成功。「毛ヅヤは良く、馬が自信を持って歩いている。そんな雰囲気です」。ここにきて栗毛の馬体は一層たくましさを増している。

 舞台は未知の東京芝2400メートル。「先日、ジオグリフのお兄さんが東京で強い勝ち方をしました。距離は皆さんがご存じだと思います」。距離適性については明言は避けたものの、14日の東京10Rで父モーリスアルビージャ(牡4歳)が緑風S(3勝クラス・芝2400メートル)をV。血統的にこなせる下地は十分に備わっているとみている。

 無論、2冠制覇が簡単ではないことは承知の上。決戦に向けて「ダービーにいい状態で持っていくという、私たちの目標はブレることはないです」と意志表明した。厩舎が一丸となって挑む競馬の祭典。その先に最高の結果が待っていると信じている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す