【ラジオNIKKEI賞】田中博康調教師さらに快進撃だ 素質馬ベジャールと重賞初制覇へ

2022年07月01日(金) 18:29

 今季好調な田中博師

 「ラジオNIKKEI賞・G3」(3日、福島)

 現在、関東リーディングトップ(全国8位)に立つ開業5年目の田中博康調教師(36)=美浦=が、素質馬ベジャールを送り出す。前走の毎日杯2着で賞金加算に成功したが、体質面を考慮して春のクラシックを諦め、ここに備えた。厩舎の重賞初制覇が懸かる一戦に、新進気鋭のトレーナーが燃えている。

 6月終了時点で21勝を挙げ、関東リーディング首位をひた走る田中博師。猛追する斎藤誠厩舎(20勝)や、リーディング常連の国枝厩舎(19勝)などを抑える堂々トップに「何とかリーディングのまま上半期を終えられましたね」と若き指揮官は胸をなで下ろす。

 5月15日の東京6R(セブンデイズ)でJRA通算100勝も達成。21年の17勝を半年足らずで上回る22年の快進撃に、「厩舎のシステムがしっかりと構築されてきたからだと思います」と要因を明かす。厩舎開業時から一人として変わらない従業員とは連日ミーティングを行い、意見を交わしてきたという。「自分のやりたいビジョンに、スタッフのみんなから上がってきた意見をミックスさせたもの。その精度が上がってきた」。チームで共有する向上心こそが好結果の根底にある。

 「そういう意味でも、厩舎としては(重賞を)欲しい気持ち」とトレーナーが力を込めるラジオNIKKEI賞には、毎日杯2着のベジャールを送り込む。「大型馬の割にスピードが出るし、あまり見ないタイプの馬。二の脚がついて機動力もあるので、小回りでもうまく立ち回れていい」。20回目の重賞挑戦。厩舎初のタイトル奪取で弾みをつけ、下半期もさらに進撃を加速させたい。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す