【七夕賞見どころ】前走天皇賞4着のヒートオンビートが人気の中心

2022年07月04日(月) 12:00

ヒートオンビートの重賞初制覇に期待(c)netkeiba.com

 天皇賞・春4着からの臨戦となるヒートオンビートが人気の中心になりそう。惜敗続きにピリオドなるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■7/10(日) 七夕賞(3歳上・GIII・福島芝2000m)

 ヒートオンビート(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は宝塚記念を除外となったため、こちらにスライド。約1年半白星から遠ざかっているが、重賞2・3着が4回、前走の天皇賞・春でも4着という実績からしてGIIIに入れば上位と言える存在。ここで重賞初制覇を期待したい。鞍上は池添謙一騎手

 アンティシペイト(牡5、美浦・国枝栄厩舎)はオープン入り後の3戦は苦戦が続いていたが、4月の福島民報杯(L)で豪快な捲りを決めオープン初勝利をあげた。それから約3か月の間隔が空いたが好調をキープ。福島コース連勝で重賞制覇なるか。鞍上は武藤雅騎手

 その他、昨年の京都新聞杯勝ち馬レッドジェネシス(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、連覇を狙うトーラスジェミニ(牡6、美浦・小桧山悟厩舎)、福島で4勝しているヴァンケドミンゴ(牡6、栗東・藤岡健一厩舎)、昨年の小倉記念勝ち馬モズナガレボシ(牡5、栗東・荒川義之厩舎)、昨年の3着馬ショウナンバルディ(牡6、栗東・松下武士厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す