【香港カップ】武豊、53歳でスマホデビュー「アプリの入れ方が訳分からんわ」 遠征先で必須のため購入

スポーツ報知

2022年12月07日(水) 05:00

シャティン競馬場で調整したジャックドール

香港カップ・G1(12月11日、シャティン競馬場・芝2000メートル)

 JRA海外馬券発売レースの香港国際競走(11日、シャティン競馬場)に、武豊騎手(53)=栗東・フリー=が5年ぶりに参戦する。香港カップ・G1(芝2000メートル)で初コンビを組むのは、デビューから一貫して2000メートルを走るジャックドール。16年覇者の父モーリスとの親子制覇へ「チャンスはある」と意気込む。

 武豊が5年ぶりに香港国際競走に参戦する。香港ヴァーズでアイルランド調教馬ブルームに騎乗する一方、香港カップでは今年G2・2勝と著しい進境を遂げたジャックドールの手綱を執る。初のコンビだが、かねて注目していた一頭だ。

 「(1月に勝った)白富士Sで強いなと思った。ゴールした後、(藤岡)佑介に『秋の天皇賞とかいいんじゃない?』って言ったよ」

 続く3月の金鯱賞は逃げてレコード勝ち。武豊自身が98年の同G2で勝利に導いた「史上最強の逃げ馬」サイレンススズカの再来とも言われた。

 「何となく知っていた。タイプは違うと思うけど、逃げて突き放すところから言われているのかな。サイレンススズカも、初めてコンビを組んだのが香港カップ(97年5着、当時G2)だった」

 香港国際競走は過去17戦騎乗。ステイゴールドで勝った01年香港ヴァーズと、エイシンヒカリの15年香港カップは特別な思い出だ。

 「ステイゴールドの時は日本馬が3連勝(ほかアグネスデジタル香港カップエイシンプレストン香港マイルV)で、全部ジョッキーも日本人。気持ちよかったね。ステイゴールドにとっても引退レースで、最後の最後にG1を勝てた。エイシンヒカリももちろんうれしかった。香港で大逃げはあまりないけど、彼のスタイルの競馬でね」

 海外経験が豊富な名手から見る香港は、日本と似た競馬大国の一つだ。

 「日本とすごく近い。平坦できれいなコースで、日本馬が力を出しやすい環境だと思う。お客さんも多いし、競馬熱がすごいよ」

 日本が誇るレジェンドは海を渡っても知名度抜群だ。

 「結構、街で声かけられる。武、豊の漢字はそのままで『モウフォン』っていう。香港に元日の競馬を見に行っていた時は(競馬場で)撮影大会になった」

 新型コロナウイルス対策のため、香港入り後3日間は行動制限が課される。解除後も、飲食店などに入る際は専用アプリの提示が必須。コロナ禍になって初の香港遠征にあたり、53歳はある“デビュー”をしたと笑う。

 「このためにスマホを買った。初スマホ。アプリないとアカンから。もう、アプリの入れ方が訳分からんわ」

 勝てば自身7年ぶりの香港G1・3勝目。ジャックドールにとっては国内外を通じて初のG1タイトルで、父モーリスとの親子制覇になる。

 「エイシンヒカリから7年もなんの!? こないだやで(笑い)。勝ちたいな、そろそろ。チャンスはあると思うよ」(聞き手・水納 愛美)

いま読まれています

みんなのコメント

フィルタ

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

ミュート・報告・コメント非表示の使い方
  • 非表示・報告をクリックし「このユーザーの投稿を常に表示しない」を選択することで特定のユーザーのコメントを非表示にすることができます。(ミュート機能)
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 非表示・報告をクリックし「このコメントを通報する」を選択することで運営会社に申告できます。
  • ※報告内容について、削除等の処置をお約束するものではありません。確認を行った結果、違反が認められない場合は削除などの措置は行わない場合もあります。なお、報告に対する個別の回答は行っておりません。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

      ニュースを探す