netkeiba.com

米2歳牡馬チャンピオン、マライアズモンが死亡

2007年09月16日(日) 13:00

 95年の米2歳牡馬チャンピオン・マライアズモン Maria's Monが、現地時間14日朝に米・ケンタッキー州レキシントン近郊のハグヤード馬医療施設で、安楽死処分がとられたことがわかった。14歳だった。同馬は以前から多臓器不全症候群を患っており、体調を崩していた。

 マライアズモンは父Wavering Monarch母Carlotta Maria(その父Caro)という血統の米国産馬。半弟にJRAで3勝したワシントンパイザー(父Meadowlake)がいる。現役時代はシャンペンS(米G1)、フューチュリティS(米G1)、サンフォードS(米G3)など米7戦4勝の成績を残し、95年の米2歳牡馬チャンピオンに選ばれた。

 引退後、米・ケンタッキー州のピンオークスタッドで種牡馬入りし、Monarchos(ケンタッキーダービー-米G1、フロリダダービー-米G1)、Wait a While(イエローリボンS-米G1、アメリカンオークス-米G1)、Latent Heat(マリブS-米G1)らの活躍馬を輩出。日本ではグラスボランチ1頭が出走し、JRAで7勝を挙げている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す