静内農業高校繋養のディープ牝馬が出産

2020年04月21日(火) 08:57 1 6

JRAで3勝を上げたユメロマンを始め、毎年競走馬の生産を行っている新ひだか町の静内農業高校繋養の繁殖牝馬が今年も出産しました。
19日に出産したのは昨年2月に同校OBの二風谷ファーム取締役・稲原稔久氏から学校に寄贈されたディープインパクト産駒のナリタトップスターで、マクフィを父に持つ牡馬が産まれました。
ナリタトップスターは今回が初産で稲原氏が母校への恩返しとして寄贈された繁殖牝馬。
新型コロナウイルス対策で休校中だったため普段から携わっている生産科学科馬コースの2・3年生計25人は出産に立ち会えず先生方のみでの立ち会いになりましたが、来年8月のHBAサマーセールへの上場を目標に今後の育成に励むとのことです。

みんなのコメント

現在のコメント数1

みんなの投稿ニュース

ランキング