netkeiba.com

みんなの投稿ニュース

デットーリ騎手、20年来エージェント引退

2020年05月18日(月) 20:42 2 12

 世界的な名騎手であるL.デットーリのエージェントを20年間にわたって務めたR.コクラン氏が、同職からの引退を表明した。

 1988年にカヤージで愛ダービーを制するなどジョッキーとしても活躍したコクラン氏は、2000年に小型飛行機の墜落事故で背中を負傷して引退。その数か月後からデットーリ騎手のエージェントとなり、世界を股にかけてビッグレースを勝ち続ける同騎手のサポートを続けていた。

 デットーリ騎手は現地17日、『Racing TV』の番組内にて「私がルカ(クマーニ調教師)の下にいたとき、レイ(コクラン氏)はファーストジョッキーだった。素晴らしい先生で、私に多くの機会を与えてくれた。最高の人物で真のプロフェッショナルだった」とコメント。

 さらに「(共に巻き込まれた)飛行機事故では私をかばってくれた。彼は最高の友人というだけでなく、命の恩人でもある。エージェントになることをお願いし、私たちは信じられない成功を収めた。彼との仕事は最高だったよ。20年間で口論は1回か2回くらいしかなかったと思う。妻とのけんかよりよっぽど少ないね!」と続けたデットーリ騎手は「レイは長い間、私の人生の一部だった。引退は残念だが、私は彼の決断を受け入れなくてはならない」と語っていた。

ネタ元:https://world.jra-van.jp/news/N0007049/

浜畑譲
投稿者
浜畑譲

みんなのコメント 2

  • 新着順
  • いいね順
  • あの事故からもう20年近いですね、お疲れさまでした。 これからも馬との関わりは続けられるんでしょうか。

  • 広瀬北斗
    広瀬北斗
    2020/05/20 06:40

    墜落事故は衝撃的でした。確かこれを機に勝ち数ではなく質(格上の競走)を選択して騎乗する様にしたかと思います。その選択を担っていた方の引退ですので、残念でしょうね。

ユーザーレポーターランキング