netkeiba.com

みんなの投稿ニュース

デアリングタクト「らしい体になってきた」

2020年09月15日(火) 22:01 0 2

デアリングタクト(栗・杉山晴、牝3)を担当する中井健司獣医師(39)を直撃。2冠牝馬の強さの秘密と可能性を、馬体面から探った。

 無敗で2冠を制し、歴史的名牝への階段を駆け上がるデアリングタクト。デビュー前から触れてきた中井獣医師は、驚きを隠せない。

 「最初は腰が甘い印象でした。ほとんどの2歳馬がそうですが、いわゆる『緩い』というやつですね」。入厩直前だった1年前の秋、宇治田原優駿ステーブル(京都府綴喜郡)での初対面の印象だ。そんな状態の馬が、新馬戦(11月16日、京都芝1600メートル)で圧巻の差し切りを演じた。

 「驚きましたね。まだ体が仕上がってない未完成の状態で、あれだけの走りをするとは…。生まれ持った骨格や心肺などがすごい」。幼さの残る馬体で、無傷の3連勝で桜花賞を制覇。中井さんが変化を感じ始めたのはオークス前だった。

 「桜花賞の前も緩さを感じていましたが、オークス前は馬体もやや成長し、腰やトモ(後肢)が強くなったと感じました」

 重馬場で激走した桜花賞後は疲れが見られたが、その経験が進化を後押し。オークスは4コーナー13番手から上がり3ハロン33秒1の豪脚で差し切ったが、疲労は感じられなかった。「ダメージがまた、馬体や筋肉の成長につながります。桜花賞が、オークスに向けての成長につながったんだと思います。走る能力があって、それを発揮できる体になってきた」。8月に宇治田原優駿Sで約2カ月ぶりに対面し、また成長を実感した。

 「少し背も伸びて、大きくなった印象。体幹がともなってきましたね。やっとこの馬のパフォーマンスに合った、“らしい”体になってきた」

 デアリングと同じような感覚で一流に上り詰めたのが、GI2勝馬のファインニードルだ。4歳秋に重賞を初制覇し、5歳では春秋スプリントGIを制した。

 「ファインニードルも最初は、それほど見栄えのする馬ではありませんでした。クラシックやGIで活躍する馬は、成長力が共通してすごい」

 デアリングタクトは、成長途上ながら無敗で2冠奪取。「末恐ろしい」一頭とは、人生でも大きな出会いとなった。

 「光栄です。どこまでの馬になってくれるのか楽しみにしています」

ネタ元:http://race.sanspo.com/keiba/news/20200915/ope20091505000001-n1.html

てっちゃん
投稿者
てっちゃん