netkeiba.com

みんなの投稿ニュース

ミナリク騎手、記憶戻るも復帰はほぼ不可能

2020年11月19日(木) 21:43 1 2

 ドイツのリーディングジョッキーに4回輝いたフィリップ・ミナリク騎手(45歳)は、7月の落馬事故から4ヵ月間昏睡状態に陥り、その大きくて暗い穴のような状況を乗り越えるのに、友人や家族からの激励と支援がどれほど支えになったかを語った。

 ミナリク騎手はマンハイム競馬場での落馬事故により、頭部外傷を負い、脚・足首を骨折し、入院生活を送っていたが11月初めに帰宅した。同騎手のために立ち上げられた募金サイト「ゴーファンドミー(Gofundme)」のページは、デットーリ騎手の呼び掛けもあり、約12万ユーロ(約1,500万円)を集めた。


 「目が覚めてから、とにかく家族が待つ我が家に帰りたいと思いました。過去4ヵ月間のわずか4週間しか思い出せません。それ以前は大きな暗い穴のようです。これまで時々ひどい落馬事故に遭いましたが、奇跡的に無傷ですみました。しかし今回は大きな落馬事故に遭ってしまいました」。

 「医師は記憶は戻ってくるが1年かかるかもしれないと言います。彼らを100%信じています。これが普通のことだと言われれば、それを信じるまでです」。

 「車椅子でどのように生活しているかについて聞くために、元騎手のフレディ・ティリキ(Freddie Tylicki)氏、クリスチャン・ツァヘ(Christian Zschache)氏、ぺーター・ウーグル(Peter Heugl)氏に電話しました。これから車椅子生活になるかもしれないと心配でしたが、彼らは"僕らができたのだから、たとえそうなったとしても君ならできるさ"と言いました」。

 ミナリク騎手の最愛の人たちは愛情と激励の気持ちを伝えるためにトニーボックス(録音機)にメッセージを残し、同騎手は病院で1人きりのときに再生していた。

 カーチャ夫人はこう振り返った。「フィリップは私が病院にいないとき、ずっとその録音を再生していました。私たちは友人や家族から多くの素晴らしいメッセージを集め、フィリップはそれを四六時中聞いていました」。

 ミナリク騎手は人に助けを求めることの難しさについて語った。「ドアを開けるとき、階段を上り下りするとき、トイレを利用するときはいつも、助けが必要です。これまでスポーツ選手として活躍してきて人の手を借りることなどなかったので、とても苦労しています」

ネタ元:https://www.jairs.jp/contents/newsprot/2020/45/4.html

浜畑譲
投稿者
浜畑譲

みんなのコメント 1

  • 新着順
  • いいね順
  • アライグマ
    アライグマ
    2020/11/20 00:37

    ミナリクジョッキーがお話できるまでに回復されたことが、ただただ嬉しい。本当に良かった。 人は1人では生きて行けません。だれもがみんな誰かに助けられています。 周りの方の力をかり、甘え、ご自分を大切に過ごされること願っています。