みんなの投稿ニュース

【田辺裕信】ゲートの中はとても危険

2021年01月14日(木) 06:41 0 5

 読者の皆さん、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今回はゲートについてのお話です。

 狭いところが苦手とされる馬は、ゲートに対して嫌悪感を示すことが少なくありません。レースとなれば、テンションも高くなり興奮もしますので、ゲートのなかで立ち上がったり、前扉の下を潜ろうとしたり、あるいは寝転ぼうとしたり、静止していないこともあります。

 レースを経験して、前扉が開くことを理解すると、音に敏感に反応して開く前に突進することや、他の馬の動きに反応して膠着(こうちゃく)して全く動けなくなるケースもあります。何気なく出ているように見えるかもしれませんが、決してそうではありません。

 もちろん、騎手は落ち着かせるばかりでなく、立ち上がらないように、突進しないようになどできる限りの対応をしています。その一方で、できる限り早くゲートを出るようにも対応しなければなりません。単純に押さえ込んでしまえばいいという話ではないのです。

 なので、突発的な行動に対しての僕たち騎手の対応にも限界はありますし、何より馬自身、感情的に抑えがきかなくなった状態の1馬力はすごいですから、人間がおとなしくさせるのはなかなか難しいですよね(苦笑)。

 僕自身、ゲートのなかで倒れられて、係員の方々に助け出された経験があります。スペースがなく逃げ場がないので、ひとつ間違えば大けがをする可能性も。ゲートのなかというのは、実はとても危険なんです。 (JRA騎手)

ネタ元:https://race.sanspo.com/keiba/news/20210114/etc21011404470002-n1.html

浜畑譲
投稿者
浜畑譲