クロフネ死す 01年NHKマイルC制覇

2021年01月18日(月) 15:00 0 3

2001年にNHKマイルCとJCダートを制し、同年度のJRA賞最優秀ダートホースを受賞した米国産馬のクロフネ(牡)が17日にけい養先の社台スタリオンステーション(北海道安平町)で老衰のため死んだことが18日、JRAから発表された。23歳だった。

同馬は2000年10月デビュー。2001年NHKマイルCを制し、ダービーにも挑戦して5着。同年のジャパンCダートでG1・2勝目を飾ったが、屈腱炎のため引退した。2002年から種牡馬となり、代表産駒は2011年スプリンターズS、2012年高松宮記念覇者のカレンチャン、昨年の阪神JFで白毛馬初のG1制覇を飾ったソダシ(牝3、須貝)などがいる。

社台SS事務局の徳武英介氏は「夏の間はとても元気に過ごしていたのですが、ここ2カ月ほど体調が優れず1月17日の午後2時に息を引き取りました。とてもフレンドリーな馬でスタッフからかわいがられており大きなショックを受けておりますが、クロフネには感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントした。

みんなのコメント

現在のコメント数0

みんなの投稿ニュース

ランキング